本日も鉄曜日

乗り鉄メインなブログです。

【乗車記】サンライズ出雲(出雲市→東京)

2021年10月の旅鉄日記。

久しぶりに夜行列車の汽車旅を満喫しました。今回は山陰地方の出雲市駅から東京駅までの「サンライズ出雲」号の個室でシングルツインを利用しました。

 

 

 

 


(17:30~)
乗車前に駅近くのスーパー銭湯でひとっ風呂浴びて夜行列車に備えます。

 

 

 

 


出雲大社を意識した造りの出雲市駅からスタート。

 

 

 

 


出雲市(18:51)→東京(7:08) 特急「サンライズ出雲」
列車は2番線から出発。山陰で見る「東京」の文字が旅心を踊らせます。

 

 

 

 


(18:45~)
夜行列車の旅人が集まったホームに「サンライズ出雲」号が7両編成で入線。

 

 

 

 


列車は2階建て構造。過去にサンライズ瀬戸号は乗りましたが、出雲号は今回初。

 

 

 

 


入線から出発まで僅か…急いで撮影し、さぁ乗り込もう!

 

 

 

 


(18:51~)
寝台特急「サンライズ出雲」号は時刻通り出雲市駅を出発。東京駅まで953.6キロ 約12時間の長旅が始まりました。まずは山陰本線を東へ…

 

 

 

 


今宵はシングルツインの部屋を選択。一人ですが追加料金で二人利用可の個室。

 

 

 

 


上段ベッドと…

 

 

 

 


下段ベッド。上下ともベッドメーキングしてました。

 

 

 

 


下段の布団を外しテーブルを出すとちょっとしたリビングモードになります。今回は上段を寝床にして朝まで過ごすことにしました。

 

 

 

 


(19:03~)
チケットチェックの為に車掌さんが回ってきた。

 

 

 

 


切符拝見が済んだのでちょっと車内散策へ。

 

 

 

 


運賃と特急料金(寝台券なし)だけで利用できるノビノビ座席。

 

 

 

 


ノビノビ座席のある車両にはちょっとしたサロンスペースがあった。

 

 

 

 


夜行列車には嬉しいシャワー室完備。シャワーカード購入で利用可。もちろん数量限定。今回は乗車前に銭湯に寄ったので見送りました。

 

 

 

 


こちらはスタンダードのシングル個室。これから乗ってくるのかな?かなり空いてたなぁ。チケットが取りづらい列車なのでこの展開は意外…。

 

 

 

 


(19:20~)
部屋に戻りボッチ宴会開始。食材は乗車前に駅近くのスーパーで仕込みました。

 

 

 

 


「しまねっこ」のワンカップがあったので記念に買ってみた。

 

 

 

 


(19:54~)
米子駅着。ここで運転乗務員交代の様子。列車はこの先、伯備線を走り山陽へ。

 

 

 

 


(20:00~)
夕方出発の列車で就寝まで長いので時間を持て余すだろうかと思い、工具なしで組み立てOKというガンダムのプラモデルを持参したのでトライしてみた。

 

 

 

 


米子駅出発頃から始めてみた。揺れる列車で更に酔いもまわってる中での組み立てなので難儀すると思ったら意外とスンナリ進んだ。

 

 

 

 


(21:10~)
チビチビ呑みながらも一時間程で完成。列車はもうすぐ新見駅という所でした。

 

 

 

 


(22:30~)
岡山駅に着いた。高松駅からの「サンライズ瀬戸」を繋げ14両の大所帯で出発。

 

 

 

 


(00:11~)
山陽本線を走っていた列車は関西から東海道本線を行く。上段ベッドで横になると星が見えた…夜行列車の醍醐味!ウトウトしてると列車は大阪の街を走っていた。

 

 

 

 


(03:18~)
…ふと気がつくと時間は3時を過ぎていた。列車は豊橋駅に停車中。

 

 

 

 


(05:45~)
今度目が覚めたら空が明るくなっていた。列車はもうすぐ熱海駅。

 

 

 

 


(06:05~)
車窓には相模湾。ここから朝日が拝めるハズなのだけど雲がかかってしまった…

 

 

 

 

(06:24~)
窓の外は朝の通勤時間。もうすぐ現実に戻される…

 

 

 

 

(07:08~)
半日かけ東京駅に到着。あっという間の寝台列車旅でした。
また乗ろう!!

 

 

---乗り鉄メモ---

乗車:2021年10月
区間:出雲市(18:51)→東京(7:08)
列車:寝台特急「サンライズ出雲」
編成:JR東海 285系7両(岡山駅から14両)
席番:6号車11番(B寝台シングルツイン)

 

(おしまい)