本日も鉄曜日

乗り鉄メインなブログです。

【乗車記】観光列車 伊予灘ものがたり 八幡浜編(松山→八幡浜)


2022年12月の旅鉄日記。

観光列車としてはもうメジャーな存在となったJR四国の「伊予灘ものがたり」に初めて乗りました。

 

 

 

 


国鉄駅の雰囲気が残るJR松山駅からスタート。

 

 

 

 


松山13:31→八幡浜15:50 特急「伊予灘ものがたり」(八幡浜編)
今回は八幡浜編の列車。他は大洲・双葉・道後編と全4編の列車があります。

 

 

 


JR松山駅は高架化に向け工事中。

 

 

 

 


列車は3両編成。先代編成は引退し国鉄型特急車両を改造した2代目。

 

 

 

 


今回は2号車(黄金の章)。カウンター席と2人用のテーブル席のレイアウト。

 

 

 

 

 


デッキには砥部焼を使った洗面台があった。

 

 

 


乗車したのは12月なのでクリスマスの飾り付けもあった。

 

 

 

 


今回は食事付きプランでの乗車。フレンチのミニコースだそう。

 

 

 

 


先ずは栗のポタージュ。

 

 

 

 


次に運ばれたのは冷製料理。別料金でビールをオーダーしました。

 

 

 

 


進行方向右手には瀬戸内海の伊予灘登場!

 

 

 

 


今や観光地な存在になった海近駅の下灘駅。こちらでは10分程停車。

 

 

 

 


この日は曇天模様でしたが、ホームから伊予灘の眺めはグッド。

 

 

 

 


最後はクリームシチューとパン。

 

 

 

 


沿線ではお見送りのシーンがあちこちでありました。

 

 

 

 


通過する駅でもお見送り。アテンダントさんも一緒にお見送りです。

 

 

 

 


瀬戸内海から離れ、列車は大洲に入った。復元した大洲城からも有志の皆さんによるお見送りがありました。

 

 

 

 


伊予平野駅では対向列車と待ち合わせ。列車は通過扱いなのですがドアが開きホームに降りることができた。

 

 

 

 


先代の「伊予灘ものがたり」の頃から有名?な沿線のガソリンスタンドでのお見送り。大漁旗を振っての盛大なお見送りに感謝です。

 

 

 

 


松山からおよそ2時間20分、終点の八幡浜に到着。

 

 

 


「伊予灘ものがたり」は今回初めての乗車でした。また乗りたいです!
その時は双葉編かな~道後編にしよーかな~ 今から楽しみです♪

 

---乗り鉄メモ---

乗車日:2022年12月
区間:松山(13:31)→八幡浜(15:50)
列車:特急「伊予灘ものがたり」(八幡浜編)
編成:JR四国 キハ185系 3両

席番:2号車11番C席
(グリーン車指定席) 

 

伊予灘ものがたりの詳細はコチラからどうぞ

 

(おしまい)